Point of choice 当店の家具選びのポイント

家具選びのポイント

当店では、ブランド家具=上質ではなく、お客様の『家族構成』や『ライフスタイル』、『お部屋のたたずまいとの調和』にベストマッチな素材・風合いのアイテムをご提案致します。
お客様がお買い上げいただいた商品を長くご愛用いただけるよう、商品の素材や仕上げの特長、お手入れ方法等をご購入の際にご説明させていただいております。
■より安心してセレクトいただくために・・・ 
 お部屋の図面や写真をご持参いただくと、動線や色、サイズなど詳しくご相談させていただきます。

★当店で取り扱いの主な木材の特長

 <天然木>
■無垢(無垢)天然木材そのもの1枚板を使ったもの。                   
                                  ナラ無垢
■集成材 無垢材を貼り合わせて1枚板にしたもの。
                                  ナラ集成
 
<プライウッド>
プライウッドは薄くシート状に削った板を何枚か交互に重ね、圧力をかけて整形した材料です。つまり、合板なのですが、北欧のイスなどに良く用いられる素材はプライウッドとも呼ばれます。ムク材では難しいカーブがつけられるのが特徴であるともいえます。下記の写真はSpeedy社製品で、バーチ材のプライウッドです。(バーチ材とは主にフィンランド産の樺材をいいます)

 
<表面化粧板>

■天然木化粧繊維版
家具の表面に、本物の木を薄いシート状にしたものを張って仕上げています。通称「突き板」とも呼ばれ、無垢材に比べ安価で気軽に天然木のよう  な木目の美しさを楽しむことができるのが特徴です。 

■塩化ビニル樹脂版(合成樹脂化粧繊維版)
表面に木目や色柄を印刷した塩化ビニルを貼って仕上げていきます。水に強いのが特徴です。
 
■プリント化粧繊維版
木目や色柄を印刷した紙を貼って仕上げています。同一の木目や色柄での量産が可能な為、複数で揃えた場合、模様や質感がぴったり合うのが特徴です。粘着力の強いものを表面に貼り付けると、プリント紙が剥れる場合があります。

■ポリエステル化粧繊維版
板の表面に化粧版を張り合わせ、ポリエステル樹脂を塗布しています。さらに表面をフィルムで多い樹脂を硬化させて成型します。プリント化粧繊維版と比較して、表面が硬いのが特長です。

★当店で取り扱いの主な仕上げ塗料の特長
<ポリウレタン塗装>
表面に薄くて硬い樹脂の膜を作るため、傷がつきにくく、熱・水に強いのが特徴です。
  
<粉体塗装>
空気中に飛散させた粉末状の塗料を付着させて熱で溶解させる塗装方法です。シンナー等の溶剤を使用せず高温で焼き付けるため、塗膜の厚みが均一で防錆・防食効果に優れています。

<ポリエステル塗装> 
他の塗料に比べ厚塗りができるため、光沢が美しく、耐候性や耐薬品性に優れているのが特長です。ただし、衝撃に比較的弱くホコリなどを寄せやすいなどの難点があります。

<UV塗装> 
紫外線硬化樹脂を使った塗料で、硬い塗膜で仕上げるため、耐摩耗性や耐薬品性、耐熱性に優れています。また、美しい質感が長持ちし、防汚効果も高く、家具塗料特有の臭いもほとんどありません。

★当店で取り扱いの主な生地の特長
<ファブリック(布地)>
ナチュラルでやさしい素材感が魅力的です。布地ならではの色のバリエーション展開や柄などがお楽しみいただけます。

<合成皮革>
天然皮革に近い風合いや外観、感触を持つ人工の素材です。丈夫で汚れてもサッと拭くだけでよく、お手入れも簡単です。    

■ソフトレザー
合成皮革のなかでもひときわ柔らかく、しっとり感があるのが特徴です。  
                         
<天然皮革>
牛革・水牛皮を中心とした天然の革。高級感があり、きめが細かく柔らかい手触りが特長で、天然皮革特有のしっとり感があります。 
                                  
<お手入れの方法>
■ファブリックの場合

1.定期的に掃除機でゴミやホコリを吸い取るか、柔らかいブラシでブラッシングします。

2.飲食物の汚れがついた場合、ぬるま湯で薄めた中性洗剤をつけた布で軽くたたきながらで汚れを落とした後、固く絞った蒸しタオルで洗剤を完全に拭き取り、乾拭きをします。
 
■天然皮革・合成皮革の場合
1.布(科学雑巾はNG)で表面を乾拭きします。

2・手垢などの軽い汚れは、固く絞った蒸しタオルで拭き取った後、乾拭きします。目立つ汚れは、ぬるま湯で薄めた中性洗剤で汚れを落とした後、固く絞った蒸しタオルで洗剤を完全に拭き取り、自然乾燥します。
(汚れの箇所だけでなく、周囲もまんべんなく拭きます。)

3.天然皮革の場合は、定期的に革専用のクリーナーでお手入れすることをおすすめします。(靴クリーム・自動車や床ワックスはNG)

 >商品アイテム一覧はこちらから
 

ページ最上部へ